キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の贈与による名義変更 : 土地名義変更の王道

土地の贈与による名義変更

土地名義変更の王道

Yahoo! JAPAN

土地名義変更の王道画像

自分が亡くなる前に、土地を贈与し名義変更を済ませておこうという人も多くなっています。

土地の贈与による名義変更

自分が亡くなる前に、自分が持っている土地や建物などの相続を行い、死後、子供や兄弟などで争い事が起きないようにしておく、ということも必要なことです。

土地や建物などは大きな財産となるものなので、遺書がない法律に沿って遺産相続を行うとなると兄弟や子供たちなどでかなりもめることがあります。

肉親で骨肉の争いなど見たくはないものです。

そのため、最近は財産をお持ちの方が生前贈与されるということも多くなっています。

土地の贈与登記を行う場合、名義変更が必要となります。

この場合、法務局に必要な書類を提出することになります。

登記申請の申請書を作成する前に、必要書類を準備しましょう。

土地の贈与に必要な対象となる不動産権利証、土地を相続する贈与者の印鑑証明書、さらに土地を譲る受贈者の住民票、土地の贈与を受ける方の登記原因証明情報、土地の登記事項証明書(登記簿)、固定資産評価額の書類などが必要になります。

これらの書類がないと申請ができませんので、法務局に確認しながらしっかり準備しましょう。

土地の相続による名義変更を行う場合にも、申請書などの書式が指定されていませんが、土地の相続による名義変更の申請書についても、指定する書式があるということではなく、自分で作成することになります。

弁護士や司法書士などに依頼すると、こうした書類を作成し登記まですべて行ってくれますが、費用をなるべくかけたくないという人は、自分で書類を作成します。

書類のひな型についてはネット上でも紹介されていますので、確認してみましょう。

登記申請書にはどのような登記申請を行うのかという目的、いつどのような理由で権利を移転するのかの原因、申請日、法務局名、課税価格、登録免許税、不動産の表示などを書く必要があります。

この表記の仕方が独特なので、ひな形と共にどういった書き方をするのかの説明も併せて読んでみるといいでしょう。

この必要書類のほかに、A4サイズの白紙を1枚準備し、これを印紙台紙に利用します。

登記申請書にとじこんで登記免許税(登録免許税は課税価格×0.02で求められます)に必要な収入印紙を購入し貼る部分です。

こうした書類を整えて、土地の贈与のための名義変更を済ませます。

贈与による名義変更を行うことで、相続財産について不動産取得税などの問題も出てきますので、どの程度の税金がかかるのかということも、しっかり把握しておく必要があります。

生前贈与で不動産贈与登記、不動産名義変更を行っておくことで、自分の納得のいく贈与、相続が可能になります。

納得がいく相続をしたいと考えるのなら、生前に土地の贈与、名義変更等を終わらせておく方がいいでしょう。