キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の相続による名義変更 : 土地名義変更の王道

土地の相続による名義変更

土地名義変更の王道

Yahoo! JAPAN

土地名義変更の王道画像

人が亡くなった場合の相続による土地の名義変更は相続した全員が協議し全員が納得し署名、押印する必要があります。

土地の相続による名義変更

土地や建物の名義変更は、様々な理由によって行われますが、その中でも名義変更の理由として多いのが、相続によるものです。

生前土地の名義変更を行う場合、あまり問題が起きないのですが、こうした名義変更でトラブルとなる事が多いのが、人が亡くなりその方の土地や建物などの財産を相続する場合です。

正式な遺書などがあれば、その遺書に基づいて相続が行われます。

遺書などがない場合は、法律に沿って行われます。

相続する人間が一人ならほとんど問題となりませんが、相続する人間が複数いた場合、つまり土地の名義人になる権利者が話し合いによって決着しなければならないため、トラブルも多くなります。

人が亡くなりその土地を相続するという場合、法定相続人全員で協議し、土地の名義を誰にするのかを決めなくてはなりません。

この相続人全員の話し合いを遺産分割協議といい、すべての相続人が協議に参加する必要があります。

ただ、同じ場所で相続人同士が話し合いをしなければならないということはなく、その場所に来ることができない方は、電話でも構いません。

勿論手紙をだし、内容を確認してもらい協議するということでも構いません。

代表者が名義変更について分割協議の案を作成し、それを相続人全員が確認し、了承するという形でも問題ありません。

名義変更の話し合いが終わったら、その内容を遺産分割協議書として残し、あとは名義変更のための相続登記に必要書類を準備し名義変更手続きのための登記手続きを申請先となる法務局に行います。

相続登記に必要な処理としては、お亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍謄本、その方の住民票の除票、さらに相続人全員の協議によって名義変更の了承を経たという証拠に、相続人全員の印鑑証明書と住民票を用意します。

このほかに遺産分割協議書、不動産の固定資産評価証明書・不動産全部事項証明書なども必要です。

こうした書類を準備し相続登記申請を法務局に提出します。

この相続登記申請の書類は特に法務局で準備しているということはないので、自分で準備する必要があります。

インターネットなどにひな形がありますので自分で作るという方は、こうしたひな形を参考に行うといいでしょう。

ただこうした書類の作成は面倒、書類の準備は面倒ということなら、弁護士や司法書士に依頼し、書類の作成などを行ってもらうこともできます。

一般的にこうした相続登記、土地の名義変更などはめったになる事ではないので、法律の専門家に任さてしまう方が多いようです。

遺産協議だけは相続人全員が行う必要がありますので、そういったことも含めて法律の専門家に相談されるといいでしょう。