キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の売却には名義変更が必要 : 土地名義変更の王道

土地の売却には名義変更が必要

土地名義変更の王道

Yahoo! JAPAN

土地名義変更の王道画像

土地の売却に関する名義変更は経験豊富な司法書士に依頼する方が安心です。

土地の売却には名義変更が必要

土地を相続したけれど、その土地の名義が被相続人のままという場合、土地の売却などできません。

土地を売却したいということなら、現在の所有者の相続登記による名義変更を行う必要があります。

相続した土地を売却するほか、その土地を担保にお金を借りるという場合も、お亡くなりになった方から相続人への名義変更が必要となります。

この際、遺産相続人、法定相続人が複数いなければ問題がありませんが、複数いる場合、法定相続人すべての同意のもと遺産分割協議書を作成し、印鑑証明書など必要書類を提出、申請を行うことが必要です。

全員が同意し、必要書類を申請し、不動産名義変更を行いその土地の名義変更手続きが終了すれば、土地の売却も可能となります。

この土地のついて、お亡くなりになった方の遺書が存在し、その遺書が適正なものならその遺言内容に沿って土地の名義変更ができますので、遺書がない場合に比べて土地の名義変更手続きや所有権移転登記などに面倒がありません。

土地の名義変更が終わったら、不動産業者に土地の売却を依頼するという人が多いようです。

不動産業者に仲介してもらった方が、より多くの売り主を探してくれますので、良い売り主が見つかる可能性も高くなります。

また土地の売却後、すぐに不動産名義変更を行うための相談ができますので売却の契約などもスムーズに進めることができます。

土地の売却に関しては、税金もかかわってきます。

土地の売却、売買登記を行った場合、譲渡税がかかってきますので、その税額がどの程度になるのかということも確認しておく必要があります。

土地の売却を行った年は、サラリーマンの方で年末調整を行っている場合でも、確定申告を行う必要があるので、忘れないようにしましょう。

不動産売却に精通した司法書士を利用する場合、こうした支払うことが必要な税金がどのくらいになるのかなども考えてくれますので、土地の売却や贈与などの登記手続きの経験が多い司法書士に依頼する方が、司法書士報酬がかかったにしても安心です。

普段こうした氏名変更登記や、所有権移転などを行う機会は、専門家以外ほとんどないと思います。

所有権移転登記申請書などには登記原因などを詳細に、専門用語で記載することが必要です。

個人でこうした書類を作成し、税金等のことも考慮しながら登記申請や売却に関する名義変更等を行う方もいますが、したことがない、経験がないという人の場合、書類のやり直しや提出し直しということも多々あるので、できれば費用が掛かっても、司法書士など専門的知識を持った方に処理を依頼した方がいいでしょう。

土地の名義変更等は、できるときにしっかり行っておく方がのちのトラブルとならず安心です。